ビジネス書のトリセツ

672 views ビジネス
・1冊の本に書かれている真実の量は1%程度である
・買ってみて、「読む価値がない」とわかった場合は、それも勉強としかいいようがない
・1冊の本に書かれている(自分にとって得るべき)真実の量は 1%程度である。
・天才とはこのインプットとアウトプットのサイクルをやりすぎてしまった人である。
・ビジネス書には仕事や人生のあらゆるシチュエーションで役に立つ知識が書いてあるし、ビジネス書で身につけた知識を正しく仕事や人生において実践することで、生きるスキルがアップする。
関連まとめ