法則のトリセツ

725 views ビジネス
・社会には学生時代とは違ったさまざまなルールが存在しており「成功するための法則」を学ぶ必要がある
・お金=悪、お金儲け=やましいことという、日本人にありがちな考え方では、当然のことながら「お金持ちになる」ことは難しい
・多くの成功本に共通して書かれていることは、人生を前向きに生きるためには、夢や目標を定めなければいけないということだ
・自分の「やりたくない」ことを自覚しておいたほうが「本当にやりたいこと」を探し出しやすい
・よく「悲しいから泣くのではなく泣くから悲しいのだ」と言うが「仕事が面白くない」と口癖のように言っていると、余計に楽しくないと思えてしまう
・職場の同僚やお客さんを喜ばせたい、あるいは家族のために頑張ろうというふうに「他人を喜ばせて自分を喜ばせること」が、脳を「快」の状態に持っていく秘訣なのだ
・手の届く範囲で、小さな行動を習慣化することで、だんだんと目標達成のために努力する習慣が苦にならなくなる
・人の悪口ばかり言っていたり、人の足を引っ張るようなことをしていると、そのときはすっきりするかもしれないが、そういう人を応援しようとは誰も思わないはずである
・もし上司や同僚に嫌われていると思った場合に、疎遠になったり会話をしないでいると、ますます嫌われる結果になる
・最初の印象というのは、大切である。最初にいい印象を強く与えれば、後までその印象が残り、しかもその他の欠点を覆い隠しやすくなるからだ
関連まとめ