小さなチーム、大きな仕事 完全版

719 views ビジネス 起業
・大げさな反応はやめなくてはならない。ただ一人の間違いから規則を作らないことだ。規則とは何度でもあり得る状況を想定して作るものだ
・最も悪いのは「本当は謝っていない」謝り方だ
・顧客サービスで最も大事なのは、すぐに返事をすることだ
・小さなチームでは、働いてくれる人間が必要なのであって、人に仕事を振る人間が必要なのではない(中略)つまり、他人にこれをしてと言うばかりの仕切り屋を雇ってはいけないということだ
・問題が起こるのは、必要以上の従業員がいるときだ。皆を忙しくさせるために仕事をわざわざ作り始めるようになる
・誰かが抜けることになってもすぐに代役を立てないことだ。その人、そのポストがいなくて、どれくらいやっていけるのか試してみるのだ
・無料で提供することを怖がっていてはいけない。自らが提供しているものを信頼しよう
・既存の顧客にこだわり続けていると、新たな顧客から自社を切り離してしまう。あなたの製品やサービスは既存の顧客にあまりにも最適化されており、新たな顧客には魅力的ではなくなってしまう
・すごい製品やサービスを生み出す最も単純な方法は、あなたが使いたいものを作ることだ
・どんなものにでも副産物がある。すぐれた洞察力を備え、創造的なビジネス・マインドを持った人は、こうした副産物に注目し、チャンスを見出すのだ
関連まとめ