苦しまない練習

1154 views 自己啓発 仏教
・過去にも現在にも未来にも、世界のどこにも、陰口を叩かれない人や非難されない人はいやしない
・ある見解を立てたら、その見解を受容できず反感を抱く人が必ずこの世に一人以上、存在する。どんな見解に対しても必ずや反対者は出るのが当たり前
・親を帰るには、自分がまず変わることです。それもかなり変わる必要があります
・周囲の人の心が穏やかになり、自分に対して嫌な波を送ってこなくなると、その人も自然と冷静にならざるを得ません
・人は相手に対して良い印象を抱いたら、相手のやり方を少し取り入れてみようと思うものです
・親に冷たくされた経験を持つ人は、親孝行したくないかもしれませんけれども、実は親孝行することこそ、長年の呪縛を解くことになり、ひいては自分のためになるのです
・相手の長所を見出せば、自分が相手に敬意を持てるだけでなく、相手も「この人は私をちゃんと見てくれている」とわかって嬉しくなります
・その場にいる人のことは一切否定せず、同意しかしない。その場にいない人のことは皆で悪く言う。それは、空疎な人間関係を表す典型例
・誰かから自分の悪いことを指摘された時には、ただムッとするのではなく、そういうことを指摘してくれる人は真の友かもしれないと考えてみましょう
・自分ができていないことを他人に諭すな
関連まとめ