人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール44

885 views 自己啓発
・過去にこだわっても何もいいことはありません。未来はあなたが思い描いたとおりになります
・努力は百害あって一利なしです。努力というのは本当はやりたくないことなのに、無理してやることを言います。楽しくて仕方がないこと、夢中になってやるようなことを努力とは言いません
・なぜ努力とか根性が危険かと言うと、そういったものにすり替えて、他人が自分の都合のいいようにあなたを利用している可能性があるからです
・未来を変えようとして過去をほじくり返しても、何も変わらないどころか、過去に縛られてしまってもっと悪い未来がやってきてしまいます
・「自分の能力は、本当はこの程度」と思ってしまうと、そこが実際の能力の限界点になってしまいます。「私の実力はここまで」と思ってしまってはいけないのです
・「どうせ私なんて」と考えてしまう人と「もっとやれる!」と考える人とでは、人生そのものが大きく変わってしまいます
・ゴール達成から遠ざかるようなことをしてしまったら「自分らしくない」ゴール達成に近づけたら「自分らしい」と思うようにするのです
・夢の実現で最も大切なことは、まず第一に目指すべきゴールをしっかりと設定することです
・「やらなければならない」ことなどなく「やりたいこと」だけがあるはずなのです。しかし「やりたくないけれどやらなければならないこと」があるかのように、誰かに思わされてしまうことがあるのです
関連まとめ