ささいなことに動揺しない生き方

910 views 自己啓発
・雑用をつまらないと考えたり、雑用から目を背けようと思ったりするのではなく、心をこめて雑用をこなしていくほうがストレスは少なくて済みます
・どんなことであろうとも、心をこめてやれば、それが自分の人間的な成長につながっていきます
・「これから先、どうなってしまうのだろう」と先々の心配ばかりしているよりも、今やらなければならないことに全力を注ぐのです
・「自分の思い通りにすることをあきらめる」のです。その時、動じることのない安らぎの境地が生まれます。それが「悟り」です
・「でなければならない」という意識を捨てると楽になる
・「自分にとって大事か、大事でないか」という観点で、区別して人とつき合っていく人は、いずれ自分自身が相手からつき合い方を区別されることになりやすい
・自分が心から楽しめる趣味、あるいは家族に対する想いや家族から得る愛情は、地位が与えてくれる支えより、よほど普遍的で大きな支えとなってくれます
・売られたケンカは「買わない」ことに決めておく
・笑顔を作ることは、自分自身の心を穏やかにします。それと同時に、笑顔で他人に接すれば、他人の心をも穏やかなものにします
・愛情とは、好きな相手を独り占めにすることではありません。相手を一人の人間として信頼し、尊重することです
関連まとめ