コトラーのマーケティング3.0

838 views ビジネス
・ビジネスにおいて、顧客を愛するとは顧客に大きな価値を与え、彼らの感情や精神を感動させることによって、顧客のロイヤリティを勝ち取るということだ
・ビジネス環境は変化し続ける。競争相手は次第に数が増え、次第に賢くなる。顧客も同様だ。こうした事実に無関心で変化を予想できなければ、企業は時代遅れになり、やがては死んでいく
・マーケティングではブランドの評判がすべてである。二つの製品の品質が同等なら、人々はたいてい評判が高いほうのブランドを選ぶ。企業は自社のブランドのポジショニングと差別化を標的市場に対して明確に示さなければならない
・あらゆる顧客に訴えかける必要はないが、購入する可能性が最も高く、その購入から最も便益を得ると思われる人々には、確実に訴えかけよう
・自社が最大の便益を提供できるセグメントを狙おう
・お粗末な品質の製品を高品質の製品として売ることで顧客をだまそうとしたら、その企業は顧客から直ちに見捨てられるだろう
・あなたの会社の製品を求めている顧客が、それをなかなか見つけられないということがあってはならない
・サービス業はホテルやレストランだけが行うものではない。どのような事業を行っている企業でも、顧客に奉仕したいという気持ちを持たなければならない
・人間の下す最終決定を規定するものは、蓄積された知識と経験である
・成功の大きな要因のひとつは、貧しい人びとへのアクセスを拡大する努力にある
関連まとめ