論語

910 views 自己啓発 中国古典
・人が自分を知ってくれないことを気にかけないで、人を知らないことを気にかけることだ
・まずその言おうとすることを実行してから、あとでものを言うことだ
・自分を認めてくれる人がいないことを気にかけないで、認められるだけのことをしようとつとめることだ
・すぐれた人を見れば同じようになろうと思い、つまらない人を見たときにはわれとわが心に反省することだ
・君子は、口を重くしていて実践には敏捷でありたいと、望む
・君子は平安でのびのびしているが、小人はいつでもくよくよしている
・君子は自分に(反省して)求めるが、小人は他人に求める
・過ちをしても改めない、これを(本当の)過ちというのだ
・君子は小さい仕事には用いられないが、大きい仕事をまかせられる。小人は大きい仕事をまさせられないが、小さい仕事には用いられる
・道が同じでなければ、たがいに相談しあわない
関連まとめ